マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sの求人はポテンシャル採用もある?

投稿日:

マイナビジョブ20'sは20代、第二新卒向けの就職支援サービスですが、その求人にポテンシャル採用を行っている企業はあるのでしょうか?

就活をしているとこの「ポテンシャル採用」ということを聞くことも多いと思いますがポテンシャル採用とはどういったものなのでしょうか?
また、多くの企業が取り入れていると聞きますがこの採用を行う意図は?

 

ポテンシャル採用とはどのような採用方法か?

「ポテンシャル」の意味はご存知の方も多いと思いますが、その意味は【潜在能力】や【可能性を持った能力】などです。これを採用活動をする企業側から考えると

ポテンシャル採用とは

・その人が持ち合わせているであろう潜在能力を評価した採用
・現時点ではなく、これから会社にとって大切な人材となる人を採用する
・これからスキルや能力面で成長が期待できる人材

このような点を重視した採用活動ということが言えます。

ポテンシャル採用を行う企業が増えてきた背景にはかつての新卒採用の状況が関連してきます。不況であった一昔前、企業は新卒採用に対して消極的でした。会社の業績が悪ければ当然人件費もかけられないので新たに人材をとることもできないという状況が続いたのです。

その結果、企業内での年齢層がいびつになり偏りが生じました。そして、それは「若手不足」というかたちで現れ、景気の回復とともに若年層の採用活動に積極的になってきました。中途採用である程度キャリアを積んだ人を採用すると企業内での仕事の回り具合でいうと即戦力の方がよいのですがキャリアを積んだ人だと今までの経験などがこだわりとなって業務に差し支えるケースが出てくる場合もあります。社風に合わないといった場合もあるでしょう。

これでは円滑に仕事を進めていくことができません。そこで、企業としてはスキルなどに関しては後々身に着くものなので、それよりも人物を重視し、柔軟性や適応性のある、可能性を持った若年層を採用しようと考えはじめたのです。

採用する企業としては潜在能力を見極めるという抽象的なものになるので採用活動は難しくなりますが、やる気やコミュニケーション能力があるか?理解力はあるか?などを見ることによって自社にとって有益な人材を見つけようとしているのです。

 

マイナビジョブ20'sの求人ではどうか?

それでは、マイナビジョブ20'sの求人にポテンシャル採用があるか?ということですがこれは年齢によるということが言えます。「20代の転職」と一言で言っても20代の中でのそれぞれの年齢層によって企業が見てくるもの、求めるものが違ってきます。

概ね、20代前半、20代半ば、20代後半というように3つの年齢層で考えられることが多いようです。

20代前半は一度社会人を経験していますから基本的なビジネスマナーも身についていて仕事の流れなどもわかるレベルです。未経験OKの求人を出している企業ではこの年齢層にスキルを求めることは少ないようです。それよりも仕事に対する考え方や姿勢、熱意といったものをアピールすればよいでしょう。

20代半ばになるとひとつの仕事を自分一人で完結できるくらいの状態と言えるでしょう。これまでの仕事での実績や評価されたところなどを積極的にアピールするのがよいでしょう。この年齢層に対しても企業側はポテンシャルをみる傾向にありますので自分のどのような強みが活かせるのか?などを絡めながら自己アピールしていくと評価につながるでしょう。

20代後半になってくると仕事の進捗状況の調整や新人教育なども行えるレベルと判断されます。対応力というのも一つのポイントになってくるので臨機応変に対応できることなどをアピールポイントにするとよいでしょう。
20代後半になってくるとポテンシャル採用の割合は減ってくるのは事実ですが総じて20代の場合は実績よりポテンシャル重視の傾向があります。

マイナビジョブ20'sは未経験OKの求人も多いのでポテンシャル重視の企業も多いと思います。20代であれば柔軟性、適応能力を買われますのでその点をアピールポイントにして転職活動を行っていくことが重要です。

20代の転職に強い「マイナビジョブ20's」のWEB登録は
⇒こちらのページから公式サイトへアクセスして行えます。

 

-マイナビジョブ20's

Copyright© マイナビジョブ20'sの評判、口コミからわかった転職成功者が多い理由 , 2019 All Rights Reserved.