マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sの有効活用がおすすめ

投稿日:

自分ひとりで転職活動をしていく場合、孤独感のようなものもありモチベーションがなかなか上がらなかったり、スケジュール管理が大変だったりと思うように進まないこともあると思います。

その点、マイナビジョブ20'sに登録すれば専任のキャリアアドバイザーと一緒に活動していくことになりますのでやる気も出てきますし、進行具合も違ってきます。

しかし、登録するだけではなくマイナビジョブ20'sを有効活用していくことが内定を早くもらうポイントになってきます。

 

優良求人を掴むコツとは?

みなさん、ご経験あるかたも多いと思いますが人気のある商品やサービスを購入しようと思った時に既に売り切れてしまって買えなかったということはありませんか?

人気のあるものはすぐに売り切れてしまいます。同じように求人も良い求人、人気の求人というのは多くの人が応募するので企業にとっても良い人材が集まりやすくすぐに決まってしまいます。商品などでしたら再入荷することもあるので購入のチャンスが再び巡ってくる可能性もあります。

しかし、求人は採用が決まれば同じ求人がすぐに再度募集されることは考えにくいでしょう。数名募集しているケースや何らかの事情で再度募集をかけることもあるかもしれませんがそういったケースはまれです。

ですので、良い求人をいち早くつかむためには早め早めの行動がポイントになってきます。では、良い求人をつかむためにしておきたいことは何かというとキャリアアドバイザーに前もって新着案件が出た場合にすぐに連絡してもらうよう伝えておくことです。

マイナビジョブ20'sに登録後、キャリアアドバイザーとの面談の時にそのように伝えておけばよいでしょう。しかし、そのような連絡をもらうには業界、業種など目指す方向性をはっきりしたうえでないと、ただ闇雲に新着の求人だけを紹介してもらっても希望の求人が見つかるとは限りませんのでその辺りは明確にしておきましょう。

初めての転職というケースでしたらなかなか難しいこともあるかとは思いますが、登録したら後はキャリアアドバイザーにまかせっきりというのではなく自ら行動を起こして能動的に動いていくことが重要です。

企業もよい人材がいればすぐに採用したいものです。そのチャンスをつかむためにも迅速な転職活動をしていくことを心掛けるとよいでしょう。

 

転職が初めての方に

転職が初めてという方は何から始めたらよいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。そういった方はまずは自己分析から始めてみるとよいと思います。キャリアアドバイザーとの面談では自分のことを知ってもらわなければなりません。もちろん面談では希望の職種、勤務条件なども伝えるのですが求人紹介はあなたの適正も考慮したうえで最終的に決めていきます。

これは「どういう職種が向いているのか?」「個性がどのように活かせそうか?」といったことが把握できているとキャリアアドバイザーも求人を紹介しやすく提案の幅も広がるということです。

 

自己分析の方法

自己分析の方法は簡単でノートやメモ用紙に自分が思うままに書き出していくだけです。

今まで仕事に関係したことだけではなく「感動したこと」「一生懸命に取り組んだこと」「継続してきたこと」「腹が立ったこと」などを書出します。そして、そのように感じたのはなぜか?を深掘りして考えます。さらにその答えはなぜそう思うのか?というふうに「なぜ?」を繰り返していきます。出てきた理由を箇条書きにして考えてみると自分の考えや行動の傾向などが見えてくると思いますのでそこから自分の性格(長所や短所)を改めて考えてみるとよいと思います。

そこから一歩踏み込んで、それがどう仕事に活かせそうかなどを考えてみるのもよいですし、そこまでわからなければキャリアアドバイザーに自分なり行った自己分析を話してみるのもよいでしょう。

このように面談を受ける前に少しでいいので自分なりにできることをやっていくことで転職活動の内容も濃いものになっていくと思います。

キャリアアドバイザーの面談を受けるにはWEB登録が必要です。マイナビジョブ20'sはWEB登録も含め全て無料で利用できます。
⇒こちらのページから公式サイトへアクセスして登録することができます。

 

-マイナビジョブ20's

Copyright© マイナビジョブ20'sの評判、口コミからわかった転職成功者が多い理由 , 2019 All Rights Reserved.