マイナビジョブ20's

第二新卒の転職は厳しい?

投稿日:

転職において「第二新卒の転職は有利」という意見もあれば「第二新卒の転職は厳しい」という意見もあります。これから転職しようと思っている第二新卒の方にとっては「どっち?」という不安な気持ちになると思います。

実際には「第二新卒の転職」はどうなのでしょうか。本当に厳しいのか?次のステップへ進むためにもどういった点がポイントになるのかをまとめましたので参考にしてみてください。

第二新卒の転職の現状

第二新卒とは新卒から3年ほどの間で就業経験がある年齢層なので25歳くらいということになります。それでは、その年齢層の人は転職市場においてどのような位置づけなのでしょうか?

結論から言うと「第二新卒」は転職市場において非常に求められているというのが現状です。しかし、当然ながら、ただ「第二新卒だから」ということで楽に転職できるということではありません。しっかりと準備をし、企業にとってプラスになる人材であることが大前提でそれが第二新卒ならそれがより有利に働くということです。

現在、多くの企業が若手不足で困っています。かつての不況時代に新卒採用を控えていたので企業の年齢層も上がってきています。今、そのしわ寄せがきていて、成長企業になると新卒を採用しても人材が追い付かないほどの企業もあります。一方で、企業イメージなどだけで就職してくる新卒者が多く退職者も多い企業など様々です。

そういった悩みを持つ企業も多いためマイナビジョブ20'sのような就職・転職支援サービスを利用して採用活動を行っているというわけです。

しかし、新卒の時に比べると書類選考が通過しにくい、面接で落とされると感じる方も多いかもしれません。第二新卒で1年未満の経験しかないと新卒と変わらないと判断され、それなら新卒を採用しようとなるケースがあります。あるいは、ある程度の経験がある中途採用に切り替えるという企業もあります。

これがただ第二新卒というだけではダメという理由です。

 

第二新卒の強みとは?

若さ

これは新卒とほとんど変わらないので今後の成長に期待することができます。

学習能力
若いということはそれだけ吸収力も高くいろいろなことを学んでいける能力に長けているとみられます。

可能性、柔軟性
これからの成長に伴い、企業にとって有益な人材になってくれる可能性があります。また、若く、経験が浅い分、あらゆることに柔軟に対応できるということはこれから成長して欲しいと願う企業にとって一番重要なことです。

これらを強みとし転職活動に活かしていくことが第二新卒ということを有利にできるポイントです。

 

転職を成功させた第二新卒者の特徴

上記の点を踏まえつつ転職に成功した第二新卒者は共通の特徴があるようです。それは、

・業界、企業研究をしっかりとしている

第二新卒はスキルや経験よりも企業に対する熱意、やる気という部分を重視されます。業界、企業研究をしっかりとしておけばその姿勢は企業に伝わりますので高い評価へとつながります。

 

・自己理解度が高い

自分のことを理解できているかどうかという点は大きなポイントになります。客観的に自分を判断することができれば自分に足りないものなどを判断することができ今後の成長スピードが早くなると判断されるからです。

また、前職では経験が浅いので能力的なことをアピールすることは難しくなります。
ですので、自分のアピールできる他の魅力を伝えることでカバーしましょう。
自己アピールをうまくするには自分自身のことをよく理解していないとできません。いま一度、自分のことを掘り下げて理解を深めるとよいでしょう。

 

・転職を希望する企業と自分の将来性

これは将来的に自分がどうなりたいか?どのような仕事をしたいか?ということが転職先の企業とマッチしていなくてはいけません。将来像と転職先の企業の仕事がつながっていないと、「すぐに辞めるのではないか?」と思われてしまいます。
これらのことは説明が難しいと思います。自分では理解できていても相手に伝わらなければ意味がありませんのでこれについてはしっかりと熟考し伝えられるようにしましょう。

これらのポイントを押さえておけば第二新卒の転職は決して厳しいものではなく有利に進めることができます。悩むことも多いとは思いますがそんな時こそキャリアアドバイザーを頼って対策していくとよいと思います。

マイナビジョブ20'sのWEB登録は
⇒こちらのページから公式サイトへアクセスして登録できます。

 

-マイナビジョブ20's

Copyright© マイナビジョブ20'sの評判、口コミからわかった転職成功者が多い理由 , 2019 All Rights Reserved.