転職の知識

【20代転職】異業種への挑戦は最後のチャンス

投稿日:

20代で転職を考えた時、異業種へ挑戦してみたいと思う方は多いのではないでしょうか。

社会人経験を経て本当にやりたいことが見つかったり、仕事をやっていくうちに新たな興味が出てきたり、今までとは違う見方ができるようになると視野も広がってきます。

しかし、異業種への転職となると不安もつきものです。特に20代での転職の場合は転職が初めてという方も多いですし、異業種への転職がどうなのか?と思ってしまうことでしょう。

20代の転職で異業種へチャレンジする場合、そして取るべき対策について考えてみます。

20代の転職で異業種へ挑戦

 

20代の転職で異業種を目指すのは十分可能

20代で異業種への転職は十分可能です。また、職種についても前職とは違う職種への転職も可能と言えます。

なぜなら、20代の転職では仕事への意欲や働く姿勢、その人が持っているであろう潜在能力を重視するいわゆる【ポテンシャル採用】が多いからです。

また、企業は新卒採用時に定員割れしてしまったり、新卒採用を見送った時期のしわ寄せがきたりと、若手社員不足に悩まされている状況にあるのも理由の一つです。

企業としてはスキルはあるに越したことはないです。しかし、20代は若さ、柔軟性ということを意識する企業が多く、それらは物事を吸収する力や人間的成長を早めると考えています。

ですから、現時点でスキルがなくとも入社後にしっかりと身につけてもらえそうな人、経験も積むことですぐに成長していけると思える人を採用します。また、長期に渡って活躍してくれそうな人というのもポイントになってきますね。

20代での異業種、違う職種への転職はチャンスと捉えるべきです。30代になると異業種への転職はハードルが一気に上がります。異業種への転職を希望している人は20代が最後のチャンスくらいに思って早めに転職活動を進めていくようにしましょう。

 

異業種への転職で気をつける点(対策)

それでは20代で異業種へ転職する際、どのような点に気をつけたらよいのか確認しましょう。

 

志望動機を明確にしておく

なんとなく・・×
環境を変えてみたい・・×

その仕事じゃないとダメ ○

「なんとなく異業種にチャレンジしてみたい」
「今の環境を変えたい、環境が変われば何か変わるのでは?」

このようなあいまい、または、ぼんやりとした理由では当然企業も採用したいと思いませんよね。
「うちの会社が合わないと思ったらまた辞めるんじゃないの?」と思ってしまうでしょう。

その仕事じゃないとダメなんだ!という姿勢と、なぜ、その仕事じゃないとだめなのか?という理由までしっかりと伝えられるようにしておくことが大切です。

志望動機を明確にするためには転職する理由を自分で理解しておくことが必要です。転職したいということは現状に不満があるということですからその不満がどういうものなのかハッキリさせておく必要があります。

その不満がハッキリしないまま転職してしまうと特に異業種の場合は、
「思い描いていたのと違う」という状況になりかねません。

なぜ、異業種に転職しないといけないのか?なぜ、異業種がいいのか?
自己分析をしっかり行うことが大切になってきますが、客観的に自己分析することでより掘り下げた自己分析ができます。

転職エージェントを利用することで自分だけではなく、他の人からみた自己分析もでき、より明確に転職理由、志望動機を自分に落とし込むことができるでしょう。

 

企業研究をしっかり行う、企業の意図をしっかり把握する

業種に関する研究はもちろんのこと、その業界全体の現在の動向などについても調べておきましょう。自分が働いている業界との違いなども調べておく必要があります。

これらはやっておいて当然というところがありますので、面接でこれらについて聞かれたときに何も答えられないようではいけません。

そして、これは企業の面接対策のためだけではなく、転職後に「思っていたのと違った」というギャップをなくすためにもやっておきたい事です。
「事前の情報収集が不十分だった」ということが転職後に後悔する最も多い理由です。

さらに、企業が採用しようとする意図も把握することが大切です。

  • なぜ、今回、求人を募集したのか?
  • どのような人材を求めているのか?
  • 将来的にどういう人材になって欲しいのか?

これらを面接の時に企業側と認識を合わせていくことでスムーズに進みます。

 

自分のスキルを再認識し、転職先での武器にする

スキルに関してはそのまま通用するものもあれば、通用しないものもあると思います。専門的なスキルなら業種が変われば直接スキルそのものが活かせるということは少ないかもしれません。

しかし、【どのように活かせるか?】ということを考えれば直接的ではなくても転職先の仕事に役立たせることはできます。

スキルとは専門的な知識や技能が必要なものばかりではありません。

物事の優先順位を素早く判断でき、適切に処理していくスキルや人をまとめるスキル、相手の欲求を察知して先に提案できる能力、円滑な人間関係を作ることができるコミュニケーション能力もスキルです。

それらを次の仕事にどのような形で活かすことができるのか、しっかりと伝えることができるようにしておきましょう。このことがうまく伝えられないと面接官に将来的に厳しいと思われてしまいます。

採用する企業側は20代の転職の場合、前職での功績やポジションといったものよりも、これからのあなたに期待しています。ですから、前職での実績などのアピールよりも将来に向けたアピールの方が重視されるのです。

 

コミュニケーション能力を高める

上の項目で述べたことをしっかりと伝えるにはコミュニケーション能力が求められます。面接官の質問に対して面接官が求めていることを答えなくてはなりません。

それは模範解答のような答えということではなく、面接官の質問の意図にきちんと沿った答えということです。そして、面接官にちゃんと理解してもらえるように伝えることも大切です。

面接官がみているポイントとして、コミュニケーション能力は割と重視しています。仕事をしていくうえで基盤となるものですからスキル云々の前に会話能力があるかどうかということは基本的かつ重要なことです。

 

今まで述べてきた異業種への転職で気をつける点に関しては一人で転職活動を進めていく場合には一つひとつをクリアにしていくことが難しい場合もあるかもしれません。

そういった時には転職エージェントを利用することでより志望動機を明確にできたり、客観的な自己分析ができたりします。異業種への転職は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

 

異業種に転職しやすい業種

異業種への転職者を積極的に採用する企業の特徴としては「会社が急成長している」「新規事業を立ち上げ予定」があげられます。このような状況についてもリサーチしておきましょう。
それでは異業種に転職しやすい業種をみていきましょう。

異業種に転職しやすい業種

  • 小売り・サービス
  • 福祉・介護
  • 倉庫・物流
  • 商社
  • 金融・保険
  • 不動産・建設
  • IT・通信
  • 人材

また、未経験でも転職しやすい職種は

  • 営業
  • 販売・フード
  • 事務
  • 保育・教育
  • 医療・福祉・介護
  • ホテル・交通

などです。

 

まとめ

20代で異業種に転職することは十分可能です。30代になるとハードルが高くなるので異業種への転職をするなら20代がチャンスです。

異業種への転職は徹底した自己分析による転職理由、志望動機の明確化、そして、企業や業界の動向調査。これらの事前リサーチが大変重要になってきます。

これらを怠ると転職後に理想とのギャップに苦しむことになってしまうので、後悔しない転職をするためにもしっかりと準備をして取り組むことが大切です。

-転職の知識

Copyright© マイナビジョブ20'sの評判、口コミからわかった転職成功者が多い理由 , 2019 All Rights Reserved.