転職の心得

転職活動をしても内定が決まらない!疲れたと思ったら取るべき行動

更新日:

↓求職者の疑問・悩みを細かにヒアリング↓
マイナビジョブ20's
1人での転職活動は大変・・

 

転職活動が思うようにいかず、疲れたと感じる方は多いのではないでしょうか。

書類選考に通らなかったり、面接で何回も落とされたり、内定がもらえない状況が続くと疲れというものはより一層感じてしまいます。

確かに、転職は楽なものではありませんから「疲れた」と感じることもあるでしょう。

しかし、取り組む姿勢や考え方を変えることで、その「疲れた」を軽減させることはできます。

ここでは、転職活動が疲れたと感じた時に考えることなどについてみていきましょう。

転職活動をしても内定が決まらない!疲れたと思ったら取るべき行動

 

そもそも転職活動はなかなか決まらないものである

唐突ですが、あなたは転職活動期間はどれくらいの期間を想定していますか?

「1ヶ月?」

「2ヵ月くらい?」

「3ヶ月もあれば決まるだろう!」

アンケートによるとだいたい、みなさん、1ヶ月から3ヶ月もあれば転職できるであろうという見方をしています。

しかし、実際にはそのようにはいかないケースの方が多いと言えるでしょう。

1ヶ月くらいではまだまだ気持ち的に余裕があります。しかし、2ヵ月、3ヵ月と時間が経過して3ヶ月を超えたあたりから焦りが出てきます。

焦る気持ちが精神的疲労をまねくので転職は3ヶ月はかかる、と思っておいた方がいいでしょう。

焦る気持ちは転職においてはマイナスに働きます。

焦りが転職に対する「不安」「迷い」を大きくさせて本来の転職の目的が見失われていきます。ブレてしまうということです。

「とりあえず、内定をもらったところでいいか」というような逃げの姿勢が出てしまいます。

 

しかし、「とりあえず」で入ると後悔する確率が非常に高いです。

「やりたかった仕事とは違う」

「会社が合わないかも」

ということが起こるでしょう。

 

そのような状況は避けなければいけないので、しっかりと転職することへのブレない軸を持っておくことが大切です。

軸とはやりたい仕事やなりたい自分の将来像といったことです。

ですから、転職活動を始めるにあたって、まずは転職活動期間は最低でも3ヶ月はかかると想定して長いスパンで考えておくことが疲れないための第一歩です。

 

転職活動の長期化が疲れたと感じる原因になる

転職活動が長期化すること自体は気にすることではありません。前述したように長いスパンで考えるべきですし、長期化することはよくあることです。

しかし、長期化することが疲れたと感じる原因になる場合もあります。

「長期化することは問題ではないと言っておきながら、疲れたと感じる原因になるのなら長期化はよくないのでは?」

と矛盾を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ここで言う、疲れの原因となる長期化は計画性のない転職活動を行って長期化してしまうパターンです。

転職の目的、ゴールがハッキリとしない状態で、

「だいたいこれくらいの時期までに決まるといいな」とぼんやりとした計画のもと、転職活動を始めると長期化してきた時に焦り、疲れが出てきます。

つまり、計画性のない転職活動の長期化は疲れを感じるということです。

それを防ぐには転職の目的をはっきりとさせて計画的に転職スケジュールを組むことが有効です。

例えば、6ヵ月とかでスケジュールを組むのもいいでしょう。進行状況によって前倒しは全然構いません。

 

なかなか内定が決まらないと陥りやすい考え方

内定が決まらない

面接を何度受けても内定がもらえない。そのような状況が続くこともあります。

そのような時に気をつけるべき心理状態があります。

何回も面接に落ちると

「自分が評価されていない」

と感じる方が多いのではないでしょうか。まるで自分が否定されているかのように感じてへこんでしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そうなってくるとメンタル的に不安定になってきて「疲れた」という感覚が出てくるかと思います。

 

なぜ、疲れるかと言うと、

「どうして内定がもらえないのか?」

その原因を自分の中で探そうとするからです。いろいろと考えをめぐらせ、精神的に疲労していきます。

 

しかし、こう考えるべきです。

「面接で落ちてしまうのはあなたの否定ではない」

面接はあくまで、あなたと会社のマッチングの場です。相性が合うかどうか?ということであって、あなたに問題があるということではありません。

 

あなた自身、面接に行って、

「この会社、ちょっと違うな。」

と思うこともあるのではないでしょうか。

面接で落ちるということはそれが逆になっただけです。

 

あなたが他の人より劣っているとかそういう判断にはなりません。「縁がなかった」と割り切れば問題ありません。

もちろん、「あの質問に対して、こういう返答をしておけばよかった」というような反省はあるかもしれません。

しかし、反省はしても面接の結果を「自分自身の評価」と捉える必要はありません。

 

その他の疲れたと感じる理由

その他にも以下のような転職活動が疲れたと感じる理由はあります。

 

在職中の転職活動ははかどらない

事情により人それぞれだと思いますが、仕事をしながら次の仕事を見つけるというパターンの方は多いと思います。

その場合、どうしても日々の業務が忙しく、求人を探したり、業界研究、企業研究、企業への応募、面接のスケジュール管理、

こういったことに時間が取れないことからなかなか思うように転職活動が進まず、疲れたと感じることがあると思います。

 

書類選考に通らない

企業へ応募したものの、面接までたどり着けないというケースも多いでしょう。人気の求人だと書類選考に通ること自体が難しくなり、なかなか面接までいかないということが続くと精神的疲労も出てきます。

 

やりたい仕事がわからなくなる

これは現在の仕事が嫌で転職したいと思った時にこのような状況になりやすいと言えます。

本当にやりたい仕事、なりたい自分というものがはっきりしていませんので内定がもらえない状況が続くと転職の目的そのものを見失ってしまいます。

 

事前の準備が大切

前述した転職活動において疲れを感じることに関しては、その時に対応するより事前に準備しておいた方がよいと言えるでしょう。

まずは、在職中に転職活動する場合はしっかりとした活動計画を立てることが先決です。

いざ、面接を受けるということになった時に会社を休む必要があればそれが可能かどうか?

日々の生活の中で求人探しや企業研究をする時間をどうやって捻出するか?

新しく時間を作る必要がありますから今までの時間を削る必要も出てきます。それらをしっかりと把握しておきましょう。

 

そして、書類選考に通らないということに関しては転職エージェントに登録して添削を受けるとよいでしょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーはどうすれば書類選考に通りやすいか、ということを知っています。プロの添削を受けることで書類選考の通過率も変わってくると思います。

 

やりたい仕事がわからなくなる状態については、そうなるということはまだ転職活動に入るには早いということです。

もっと、転職する理由、転職後の将来像を熟考して固めてから転職活動を始めた方がよいでしょう。

転職活動をしていると確かに疲れたと感じることはあるでしょう。しかし、事前に準備しておくことでそれらを軽減することはできます。

疲れることの大きな理由は準備不足です。しっかりと転職活動を行う前に気持ちの整理も含めて事前準備をしっかりとすることが重要になってきます。

 

▼ライバルに差をつけるマイナビジョブ20's▼

選考通過率をアップさせる書類添削・面接対策

 

⇒トップページへ戻る

 

-転職の心得

Copyright© マイナビジョブ20'sの評判、口コミからわかった転職成功者が多い理由 , 2019 All Rights Reserved.