転職の心得

転職活動の大事な面接。平日会社を休めない人はどうする?

更新日:

マイナビジョブ20'sは内定まで徹底サポート↓
マイナビジョブ20's
選考通過率をアップさせる書類添削・面接対策

 

転職活動で苦労することと言えば、「面接日時の調整」があげられると思います。

現在、勤めている会社が土日が休みで、面接を受ける会社も土日が休みの場合、たいてい平日の10時から16時くらいで面接を設定されます。

このようなパターンの方は多いと思いますが、それでも多くの方が転職を成功させています。

この記事では土日が休みで平日の面接スケジュールを組みにくい場合の対策について説明していきます。

転職活動の大事な面接。平日会社を休めない人はどうする?

 

転職の面接が平日!会社を休めない人のとるべき対策

面接日程が合わない、会社を平日休めない、という人の対策としては、

  • 有給休暇を利用する
  • 企業に面接日時の変更を交渉する
  • 仕事中に中抜けする
  • 体調不良や通院を理由にして会社を休む
  • 転職エージェントを利用する

ということになります。

それでは順に説明していきます。

 

有給休暇を利用する

まずは有給休暇を利用するということが方法としてあります。有給休暇を取る場合には特に理由を説明する必要もありませんので詮索されることもないでしょう。

あえて嘘の理由(旅行に行くなど)を伝えても問題ありませんが、私用であるということにとどめておいた方が無難でしょう。

企業によっては、平日の遅い時間帯で面接を行ってくれるところもあります。

しかし、終業時間が21時以降になってしまうなど、かなり遅い場合は難しいでしょう。

また、遅い時間で面接を設定してもらったにも関わらず、急な残業が発生してしまったら断ることになり大変失礼です。

日々の業務予定が定まらないようなら有給休暇を取ったほうがいいでしょう。

 

有給をとることにためらいを感じる方もいらっしゃいますが、それは全く気にする必要はありません。

当然の権利ですので、転職の面接のためでも取れるなら遠慮なく取りましょう。

また、半休、早退も利用できるのであれば利用しましょう。半休、早退は丸一日休むのと比べて会社的にも受け入れやすい場合もあります。

仕事の引継ぎなども直接お願いできたり、説明もしやすいので休む場合と比べて理解を得られやすいです。

しかし、半休、早退、時間休などはその会社の規定によるので職場でそのような休暇の取り方が可能かどうか事前に確認しておきましょう。

 

企業に面接日時の変更を交渉する

前述した有給休暇を取る方法は難しいという方もいらっしゃるでしょう。そのような方が次に行う対策としては

「企業に面接日時の変更を交渉する」ことです。

「企業に面接日時の変更をお願いしても大丈夫なの?」とか

「在職中なのに転職活動していると印象が悪くならないの?」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは全然気にしなくて大丈夫です。

 

面接日時の変更をお願いすることは採用には関係ありませんし、平日に休みが取れないこと自体を面接先の企業は気にしません。

転職活動中の面接事情には理解を示す企業が多く、

「平日に面接に来れないから採用しない」と言って有望な人材を逃すのはもったいないと思っています。

むしろ、企業としては「いつでもいいですよ。」という人よりも忙しい人の方が魅力を感じます。その方がその人が現在の職場で活躍していると思われるからです。

 

面接先の企業にお願いする時に注意する点としては、

あくまで、こちらの都合であることを自覚しておくことです。

お願いする立場なので、こちらも日程をできるだけ合わせる姿勢を見せなければなりません。

「この日はダメです!」

「土日しか無理です!」

ではいけません。

いつなら大丈夫なのか?曜日、時間帯など対応しやすいパターンなどを伝えましょう。

また、それをくみ取ってもらった企業からの提案はできるだけ受け入れるようにしましょう。

もし、私用があっても面接を優先すべきです。

そして、きちんとお礼を述べることも忘れてはいけません。

 

仕事中に中抜けする

この方法は営業で外回りなどをしている人なら可能なケースもあります。

面接は予定よりも時間をオーバーすることもあるので直帰する時にこの方法を取ると予定時間オーバーにも対応できます。

しかし、オフィスに一日中いる人などはこの方法をとることができませんし、会社からの急な連絡なども考えられるのでハードルとしては高めです。

 

体調不良や通院を理由にして会社を休む

いわゆる仮病です。有給休暇を取ることが難しい場合の手段として、体調不良や通院を理由にして会社を休むということです。

家族の病院の付き添いなどは理解を得られやすいですが、他の社員や取引先の人にバレた時にはまずいです。あまりおすすめできる方法ではありません。

 

転職エージェントを利用する

転職が初めてという方や、

平日に面接に行くのが難しい、

会社説明会などに行くのが難しい、

という方は転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントに登録すれば担当のキャリアアドバイザーが面接日程の調整を代行してくれます。

企業側の採用担当者には平日の面接が難しい事情をあらかじめ伝えてくれて、土日や平日の遅い時間帯にしてもらうなどの交渉をしてくれます。

もちろん、自分で交渉しても対応してくれる企業が多いことに違いありませんが、エージェントはそういった交渉に慣れていますし、スムーズに話が進みます。

 

そして、会社説明会などに行かなくてもキャリアアドバイザーが企業のことを良く知っているので興味のある企業に関しての情報も得られます。

また、求人も探してもらえるので、希望条件を伝えておけばエージェントから提案してもらえますから忙しくてじっくり求人を探す時間がない人にもおすすめです。

さらに、転職エージェントを利用すれば同時に複数の企業に書類審査の応募ができます。時間を節約できるので効率的に転職活動が行えます。

 

まとめ

有給休暇を利用することが一番確実かつスムーズに転職活動を進められます。

しかし、現実的にはそのようなことが難しいという方も多いでしょう。

そうなると、面接先の企業との面接日時の変更交渉となります。

そのようなやり取りが忙しくてできない、不安という方は転職エージェントを利用して、代行してもらうことで効率良く転職活動ができます。

 

マイナビジョブ20'sは非公開求人も多数あり!

全求人が20代対象、年間20,000人以上が登録

 

⇒トップページへ戻る

 

-転職の心得

Copyright© マイナビジョブ20'sの評判、口コミからわかった転職成功者が多い理由 , 2019 All Rights Reserved.