20代の転職

20代の転職で失敗する人の共通点、失敗しない為に気をつけること

更新日:

転職市場における20代の需要は高く、企業も積極的に20代の中途採用を行っています。

「社会人経験が数年未満であれば第二新卒として扱われる」

「異業種にチャレンジしやすい」

といったことから、

30代や40代に比べて転職する人の割合も高くなっています。

 

しかし、20代の人みんなが転職に成功しているわけではない、

ということも事実です。

そして、20代の転職で失敗する人には共通点があります。

では、その共通点とはどのようなことなのか?

転職で失敗しないためには何に気をつけるべきなのか?

について確認していきましょう。

20代の転職で失敗する人の共通点

20代の転職で失敗する人の理由

20代の転職で失敗するパターンでよくあるのが、

ブラック企業に転職してしまう

会社に馴染めない、社風に合わない

前の会社の方がよかった

といったことです。これらは以下のような理由から失敗すると言えます。

 

逃げの転職になっている

これは転職の目的が会社を辞めることになってしまっています。

本来、転職の目的は転職した時点ではなく、その先にある将来的なものではないでしょうか。

しかし、現状から抜け出したいという思いだけで転職してしまうと高確率で後悔することになり、結果的に転職が失敗することになります。

転職の目的は、現在の仕事を辞めることではなく、将来を考えたものであるといことを意識しましょう。

 

転職活動に計画性がない

計画性のない転職活動では失敗する可能性が高くなります。

焦りから転職を早く決めようとする

条件が良いということだけで決める

すでに退職していて生活費に困る

このようなことは計画的に転職活動を行っていないから起こることです。

ですから、スケジュールをきちんと組んで行っていくことが大切です。

 

手を抜いている

転職活動はやることが多く面倒なものです。

どうしても手を抜いてしまいがちですが、そうすると結局は自分に帰ってくることになるので気をつけましょう。

 

結局のところ、手を抜いて転職活動すれば、それなりの企業にしか転職できないということになってしまうのです。

特に自己分析、企業研究は手を抜いてはいけません。

多くの人がこの部分を手抜きしますが、楽をすると失敗する可能性が高くなります。たまたま選んだ企業に受かったという人もいますが、後々、後悔することになります。

 

なんとなく転職する

「なんとなく転職する」も失敗の多いパターンです。

20代は転職に有利ということもあり、今よりも良い職場を求めてなんとなく転職するという人も多いようです。

しかし、転職の目的自体があいまいなため、採用する側からみるとすぐにわかります。

魅力的な欲しい人材として見てもらえることはないでしょう。

仮に転職できたとしても、こういう人は転職先でも不満を持ってしまってまた次を探す、ということになってしまいます。

 

情報収集不足

転職活動において企業研究などの情報収集は大切です。この情報収集を怠ると転職後に我慢できないこと、納得できないことが増えてきます。

「会社の雰囲気が違う」

「馴染めない」

「労働条件が違う」

このような事にならないためにも事前の情報収集をしっかり行うことです。

自分1人では限界もあります。より企業に関しての情報を得たい場合は転職エージェントを利用するとよいでしょう。

 

将来的なことを視野に入れていない

「自分が将来やりたいことができる会社かどうか」

「思い描くキャリアップは実現できそうかどうか」

このような将来的なことを視野に入れて転職活動しなければなりません。

目先のことだけにとらわれると失敗する原因になります。

 

例えば、給料、残業の有無などの待遇面だけを見て決めてしまうと、それが変わった時には当然不満が出てきます。

この先数十年働くことを考えて長期的な目線で転職先を決める必要があります。

 

20代の転職で失敗しないためには

20代で転職しようと思っている人の中には「転職が初めて」という方も多いと思います。

転職が初めてという場合、不安や失敗したくないという気持ちも大きいと思いますので、

どのようなことに気をつけるべきか?について確認しておきましょう。

 

自己分析や企業研究を徹底する

まずは自己分析を徹底的に行いましょう。

これができていないと選ぶべき業界や職種といったものも定まってきません。

そして、企業研究を進めていく上で自分に合っているかどうかも分からなくなります。

新たな自分を発見することができることもありますし、ここはじっくりと時間をかけて行うようにしましょう。

併せて企業研究も大切なので、この2つを怠ると転職で失敗する可能性が高くなります。

 

転職するにあたって優先順位を決めておく

自分の中で転職するにあたって譲れない条件というものがあると思います。それに優先順位をつけて自分の中でハッキリと明確にしておきましょう。

これがあいまいになっていると転職して入社後、「あれっ?違うなぁ」という感覚を感じることになってしまいます。

 

計画的に転職活動する

転職が成功した人(満足している人)は計画的に転職活動を行っています。行き当たりばったりでやっていると思うように進まないと焦りから冷静な判断が出来なくなってしまいます。

もっと他の会社とも比較するべきところをとりあえず内定をもらった会社に決めてしまったりします。

ある程度、転職活動期間が長くなってしまうことも想定しておきましょう。そのようにしてスケジュールをあらかじめ組んでおけば焦りも少なくなります。

 

転職エージェントを利用する

20代の転職ではエージェントを利用することがおすすめです。

転職が初めてという場合も多いので、そういった時に頼りになります。

在職しながら転職活動をする場合は、日々の忙しいスケジュールの中で自分1人で行うことは大変です。

転職エージェントなら求人は探さなくても紹介してもらえますし、企業への応募、面接日程の調整、条件面の交渉などを代行してもらえます。

より良い条件で転職したいのなら利用すべきサービスと言えます。

 

まとめ

20代は転職しやすいということは言えます。しかし、安易に考えていると転職後に後悔することになります。そして、また転職を繰り返すという辞め癖がついてしまいます。

チャンスは多いと言えますが、何度も転職を繰り返すと20代でも厳しい状況になります。

失敗しないためのポイントを押さえて一度の転職で済むようにしましょう。

 

⇒トップページへ戻る

 

-20代の転職

Copyright© マイナビジョブ20'sの評判、口コミからわかった転職成功者が多い理由 , 2019 All Rights Reserved.